その他のインテリア家具

このページでは、ソファとベッド、ソファベッドを主に扱っていましたが、他の家具も紹介します。

テレビ台

テレビ台を選ぶときには、考えなければならないことがあります。それは、あなたの目線の高さとTVの種類です。

TVは映像を見て楽しむものですので、あなたの目線が低ければ、上を見てみることになり、逆に低ければ、下を向いてみることになります。遠くから、ちょっとだけ高さが違う、と言うならそこまで問題になりませんが、近くから、かなり高さが違うとなれば、上を向いたり、下を向いたりしてみなければなりません。それでは、見るだけでも疲れてしまいます。

また、TVの種類とは、今多くなっている薄型TVか、ブラウン管TVのどっちかです。それによって、奥行きがだいぶ違いますので、必要以上の奥行きがあっても、なくても必要ないのです。ちょうどいいものを選びましょう。

後は収納できる棚の数や耐加重、キャスターなどをチェックしてください。

食器棚

食器棚は基本的に、一日に何度も開け閉めしますし、何年も使い続けるものですから、使いやすく耐久性がいいものを選ぶべきです。キッチンの大きさなどの環境により、大きさはある程度決まってしまいますが、棚を空ける方法(引き戸、引き出しなど)や電化製品を収納できる可などを考えましょう。

大きさを選ぶときは、きちんとメジャーを使って測るようにしましょう。もちろん、インテリア面も考えて、色やデザインの考慮も忘れないようにしましょう。色的には、落ち着いた色をオススメします。ちなみに、最近では、電化製品を収納できるものが人気のようです。

通販で食器棚を検索すると膨大な商品がでてきますが、画像で見ているスケール感としっかりサイズ寸法を測って決めるのが重要なポイントです。どんなに気に入ったデザインでも入らなかったら意味がないですよね?自分好みのぴったりサイズをみつけられるといいですね♪

ドレッサー

ドレッサーとは、服を着こなす人のことも指しますが、今回は鏡台や化粧台のことです。

ドレッサーを使用するときは、基本的に化粧を行ったりするときが多いと思いますので、やはり鏡が大切です。そこで、鏡を見てみましょう。あなたの顔がゆがんで見えませんか?もともと、ゆがんでいるような方はともかく、そうでないとすると、ゆがんで見えるということは、鏡自体が歪んでいるということです。それは避けましょう。

また、ドレッサーの台の部分は、直射日光によって退色するらしいし、反射光を避けるため、太陽に背を向けて設置しましょう。どうしても無理なら、鏡面に布を被せてもいいでしょう。壁からの湿気もありえますので、少し壁から離すことがポイントです。

鏡は水分とホコリが苦手なので、お手入れの際には乾拭きがいいでしょうが、どうしても水を含ませたもので拭かないと汚れが落ちないときには、その後で、乾拭きするようにしてください。放って置くと、鏡のガラス面の銅や銀、塗料などに影響が出てしまうので、忘れずに行ってください。

check
結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈る
http://coco-shop.jp/html/bridal.html
便利な郵送買取
http://18kinkaitori.com/

Last update:2016/8/3