ベッドとマットレスの関係

何度か、「マットレスをオススメします」と言いましたが、なぜ、必要なのかは、詳しく話していなかったようなので説明します。

マットレス

そもそも、マットレスとは、睡眠中の姿勢「寝姿勢」を整えるために使われているものです。この寝姿勢が良いと良く眠れ、疲れもしっかりと取れると言われています。キレイな寝姿勢とは、背骨が緩やかな「S」字を描いている状態で、これは、普通に立っているときと同じ姿勢でいる状態と同じだと言われています。しかし、マットレスがないと、背骨は「S」字を描くのが難しいらしく、そのために腰痛になったりすることや、寝不足になったりするそうです。

また、人が横に仰向けになって寝ている場合、全体重の半分近くが、お尻に集中するそうで、そのため、クッションや布団では、「S」字を描いている状態で保つのが難しいので、マットレスが使われるようになったと言われています。また横になった際でも、背筋はまっすぐなままを保つ必要があります。

基本はスプリングとウレタンフォーム(?)による方法で、体を支えて体重を分散させ、寝返りの回数を減らしつつ、疲れをしっかり取れるように、快眠を手助けしているようです。この、マットレスを使うことによって、腰痛持ちの方も快眠を得ることもできますが、あなたに合っていないと悪化させることにもなります。

マットレスの選択

マットレスを選ぶときは、まず、JISマークと衛生マークを確認しましょう。各種の基準を満たしてさえいれば、とりあえず、粗悪品というわけではないので、安心はできます。このマークが見当たらない場合は、全部がそうというわけではありませんが、通気性が悪かったり、弾力性に欠けていたりなどの粗悪品である場合もあります。なかには、別に必要だと思わないから、申請していないだけというのもありますので、あくまで、目安とした方がいいかもしれません。

また、防臭、抗菌や坊ダニなどの加工を施している品質が高いのもあると思います。あまり、掃除が好きじゃないという方は検討してみてはどうでしょうか?

次は、手でマットレスをグッと押してみましょう。押したところが沈み込んで戻らなかったり、スプリングがあることが分かるのはオススメしません。手で押さえた際に張りがあり、スプリングが分からないものが、良品であると言えるでしょう。

最後に、横になってみて下さい。座るだけではダメです。座ったときと、横になったときでは、体重のかかり方が変わりますので、座っただけでは目安にならないのです。上記のような良品であっても、あなた自身に合うか合わないかは、実際に横にならなければ分からないものです。もし、買ってみたけど、あなたに合わないものだとしたら、寝つきが悪くなったり、腰痛になったり、何度も寝返りを打つなどが考えられます。

お店でマットレスを見せてもらえば、高いのをオススメですと言われる方もいるかもしれませんが、金額が高い物が「良いマットレス」とは限りません。「良いマットレス」とは、あなた自身の体質とよい寝姿勢を保ってくれ、快眠できるもの。それが「良いマットレス」の条件です。そのため、極端な場合、1円で売っている中古品があなたにとっての「良いマットレス」なのかもしれません。

値段に惑わされず、しっかりと横になってみるなどのチェックをして、判断しましょう。

recommend

お手持ちの宝石の詳細が分らずとも丁寧に解説。満足いただける買取を目指しています

宝石 買取

名古屋で太陽光発電の事ならお任せください。

太陽光発電 名古屋

年中無休 土、日、祝日も出荷!国配送可能!開店祝い、お祝いやお供えなら胡蝶蘭が最適です!

胡蝶蘭

2017/3/2 更新